実録!コスパ良しの100円寿司飲み【はま寿司編】

はま寿司アイキャッチ

お魚の美味しい北陸生まれ北陸育ちのヴァイ子、100円寿司デビューは25歳を過ぎてからでした。
ある程度舌も肥え始めた頃に知り、100円でお寿司が食べられてサイドメニューも充実しているなんてパラダイス!と逆に感動を覚えたものです。
今回は嘉太郎の簿記3級合格祝いをはま寿司さんでしたので、レポートしていきます!
嘉太郎、合格おめでとう!!そしてはま寿司飲みの機会を与えてくれてありがとう!!

はま寿司とは

株式会社はま寿司という会社で、全国で回転寿司店を展開しています。
ココス飲みの記事でも出てきました、ゼンショーグループに属しています。
道理でココスとはま寿司のカリカリポテトは似ているわけです。

1皿100円の回転寿司店ですが、2022年6月までは平日90円でした。
100円でも充分安いのに、更に90円にしてくれるなんてサービス良すぎですね。
なおかつその頃はよくチラシが入っていて、1皿無料とかあおさ汁一杯サービスみたいなクーポン券までありました。
ちなみにこのクーポン券、確か一回の食事につき一枚しか使えないので、寿司を一皿食べて会計をし、また入店してあおさ汁を注文、ということを繰り返せば永遠に無料で食事を愉しめるに違いないと考えていました。当時の自分は非常にくだらん。

あと、はま寿司はタッチパネルの注文が人気声優さんが承ってくれます。
これまでもフリーザ様やセーラームーン、ちびまる子ちゃんに接客してもらいましたよ。特にテンションの高いフリーザ様なんて貴重でした。
現在(2022年6月25~)は花江夏樹さんが頑張っておられます。炭治郎に接客してもらいたい方は急げ!!

いざ、はま飲み!入店!

嘉太郎の受験及び合格発表の当日だったので、平日の夜に行きました。
平日でしたがそこそこ混んでいて、15分くらい待ちました。相変わらず人気のお店です。

テーブルいっぱいにお皿を並べるつもりでいるので、カウンターではなくテーブル席を選択。
席に着くなり、嘉太郎のお祝いでもあるため、ヴァイ子も気が大きくなってしまいます。

寿司屋に来たわよ!値段なんて見なくていいから好きなものを何でも頼みなさい!!

こんなこと言えるなんて気持ちいいです。100円寿司でしかできないことです。

今回はせっかくの100円寿司なので、税抜価格で紹介していきます。

まず頼んだのは生ビール(480円)。
初っぱなから待って!!値段見て頼んでよ!!って感じですが、とりあえず乾杯。

ビール

寿司の約5倍の値段がする高級生ビール、とても美味しいです。

寿司屋に来たので寿司を注文

今回はま寿司さんをチョイスした理由は通勤途中にうにフェアの旗を見たからです。
うにが大好物なヴァイ子はフェアをやっているうちに一度は来てお腹いっぱいうにを食べたいという目論見でした。
ところが一番最初に目に飛び込んだのはまるごと手長海老というやたら映えていた期間限定メニュー。
480円ととても高級です。が、欲に負けました。

手長えび

メニュー写真ではとても美味しそうに見えたけど、いざテーブルに運ばれてくるとちょっと期待はずれに感じます。
これで480円かァと嘉太郎にブツブツ文句を垂れながら口に運んでみると

!!


甘くて美味い!!つまりはまい!!!!
480円の価値はしっかりありました。甘くてトロトロで、後に引く幸福感です。

嘉太郎は妊活を意識して牡蠣フライ軍艦(150円)。

牡蠣フライ寿司

まあまあはまいとのこと。

その後もじゃんじゃん頼みます。
ヴァイ子は念願のうに軍艦(290円)と、はま寿司に来たら必ず食べる炙りえびチーズ(100円)。

ウニ軍艦
炙りえびチーズ

うに、美味しいです。以前よりも値段が上がった気がしますが、軍艦にたっぷり敷き詰められていたのでヨシ!
炙りえびチーズは所謂お子さま寿司の部類に入りますが、わさびをたっぷり乗せて食べるとはまいんです。
これ、テイクアウトしてサイゼのオリーブオイルをかけて食べたらもっとはまいんじゃないかしら。

嘉太郎はえんがわ包み(100円)を注文。はま寿司で初えんがわだそうですが、かなりはまかったみたいです。

えんがわ包み

調子に乗ってアルコールを追加

高級生ビールも飲み干し、ヴァイ子はレモンサワーグレープフルーツサワー(各350円)、嘉太郎は日本酒(480円)を注文。

金勝山(日本酒)

金勝山という埼玉のお酒のようです。ヴァイ子も一口もらいました。それなりにお酒の香りは強く感じますが甘めで飲みやすいです。

アルコールも補充できたので、また欲望のままに頼んでいきます。

ヴァイ子オーダー、れんこん天ぷら(100円)、しろえび包み(100円)。

れんこん天ぷら寿司
しろえび包み

れんこんはメニュー写真よりも小さく感じましたがサクサクではまかったです。
揚げ物な上、しゃりもあるのでアラフォーにはちょうど良い大きさです。

嘉太郎オーダー、うなぎ(290円)、かきあげ(100円)。

うなぎ
かきあげ(お好み焼き風)

かきあげ、意外と分厚かったです。嘉太郎は頑張って口を大きく開けて食べていました。
この他にもヴァイ子はのどぐろ炙り(150円)、嘉太郎はしらす軍艦(100円)を頼みましたが、ついがっついてしまって写真を撮り忘れました。
しらす軍艦もかなりしらすが盛られて食べ応えがあったようです。

〆にわさびなすを(100円)を半分こ。

わさびなす

わさびなすはどこの回転寿司屋さんにもありますが、はま寿司はスライス具合がとても美味しくて好きです。
面積広めで、厚すぎず薄すぎない厚さなのでシャリとのバランスがとても良いです。

今更お醤油の紹介

ところではま寿司はテーブルに5種類のお醤油が用意されています。

醤油たち

何でも、ネタに合わせてご利用くださいとのことですが、そこまでお醤油に詳しくないヴァイ子はずっと特製だし醤油しか使ったことがありませんでした。
※特製だし醤油は全てのネタに合うそうです。

今回は初めて嘉太郎と一緒にさしみ醤油を使ってみました。
普通のお醤油よりドロッとしていて、味は甘めです。
この甘い味は結構ぎゃふべろ夫婦の好みでした。
石川県民は馴染みがあるのではないでしょうか、富士菊醤油っぽい甘さです。
石川県は食べ物が美味しいと言いますが、県内の飲食店でもよく使われている美味しいお醤油です。
富士菊醤油に興味の沸いた方は是非ご賞味ください。
美味しいですよ~。


富士菊醤油 こいくち(並)1L ペット (1本)

はま寿司はこのお醤油バーも楽しみの一つなのではないでしょうか。
色々と試してみるもよし、ヴァイ子のように自信のない方は特製だし醤油一択でもよし。
ちなみに特製だし醤油は本当に何にでも合うので安心して使えますよ。

今回のお会計

本当はサイドメニューなんかも頼みたかったのですが、想定外のフェアメニューへの目移りのせいで早々とお腹いっぱいに。
純粋にお寿司とアルコールだけを楽しんだお会計はこちら。

レシート

思ったより安くなかった・・・!
やっぱり寿司屋は寿司屋です。結構値段見てたつもりだったんだけどな。

そうは言っても4,620円でお寿司とアルコールを二人で楽しめたのはなかなかお得です。

お腹に余裕があればお蕎麦やおうどんの紹介もしたかったです。
はま寿司のお蕎麦とおうどんは各々出汁が違ってて、きちんと麺に合う味になっていてとってもはまいんです。

またそそるフェアがあったときにはリベンジしてみようと思います。
ひとまずはま寿司ははまかった!