麻辣ざるらーめん発売!新商品を食べてみた感想【8番らーめん】

麻辣ざるらーめん

2023年の麻辣第3弾「麻辣ざるらーめん」がついに発売!
今年も野菜麻辣らーめんが販売開始して1ヶ月が経ち、あと2週間もすれば販売終了となります。
悔いを残さないように麻辣活(?)していこうと思います。

花椒を常備している系おっさんの嘉太郎です。
8番らーめんの新商品「麻辣ざるらーめん」を食べてきたので感想を書いていきます。

関連記事

麻辣ざるらーめん 820円(税込902円)

麻辣ざるらーめん

定番のざるらーめんに、「麻辣辛肉味噌」と「麻辣オイル」をトッピング。鰹、昆布だしが効いた風味豊かなざるタレに、肉の旨味と痺れが加わり、食べ応えとともに、辛さが後を引きます。やみつき必至のメニューです。(公式サイト引用)

シンプルにざるらーめんを麻辣化した商品です。

めん

個人的に8番らーめんでは食べる機会の少ない細麺、ツルツルと喉越しが良くて美味しい麺なので細麺の商品がもっと増えると嬉しい。ちなみに細麺のストレート麺が最もスープの絡みが良いらしい。

つけダレ

ざるらーめんのつけダレに「麻辣辛肉味噌」と「麻辣オイル」を加えたもの。専用の容器に注がれている。
ざるらーめんに「シビ増し」「辛肉増し」トッピングというフライングを考えたがやはりしなくて良かった。

麻辣ざるらーめんの感想

正直に言うと、食べる前は「カラシビなざるらーめんでしょ、想像できるなー」などと思っていたのですが、想像を軽く超えてきました!
「つけダレ」「麻辣辛肉味噌」「麻辣オイル」が合わさることによりつけダレの甘味が引き立ち、麺をすすると最初に辛味と痺れが口内を刺激し、最後に甘味が残るという、辛いものと甘いものを交互に食べるような状況になります。
つけダレが冷たく食べやすいこともあり箸がどんどん進みます。
肉味噌が入っていること食べ応えも格段に上がっているので、通常のざるらーめんのように少し物足りなさを感じることもなく、最後まで美味しく食べることができました。
これ、麻辣かければ何でも美味しくなるんじゃないか?とさえ思わされるポテンシャル、これが8番らーめんの本気か……

2023年は3種類の麻辣でしたが、来年以降4種5種と増やし最後にはレギュラー化、という夢のような妄想をしながら販売終了までの残りの期間、とにかく楽しみたいと思います。