【体外受精】卵胞育成が始まったよ【2周め】

体外受精2-1アイキャッチ

妊活のためにバイトをセーブし始めたヴァイ子です。
バイトに行かないと若干そわそわしてしまいますが、ゆっくり過ごすことを意識して妊娠できる身体を作っていこうと思います。

第1周体外受精は残念な結果に終わりましたが、早速2周めの治療をスタートさせたので、その報告です。
前回の記事
【妊活】妊娠判定の結果【体外受精】 | ぎゃふべろ雑記 (1122iifuufu.com)

判定後の生理

判定日の診察で「お薬はもう飲まなくて良いですよ。そうしたら2~3日で生理が来ますからね」と言われ、服薬中止。
一日でも早く治療をスタートさせたいヴァイ子はまだかまだかと生理を待ち望んでいました。
基礎体温を計っていくと、服薬を中止した三日後にガクッと下がり、夕方に生理が来ました。
良かった!ちゃんと先生の言う通りの日数で生理が来た!!ていうか、前回の生理から綺麗に28日目に来た!!

体外受精なんて初めてだから不安でネットで色々調べていましたが、服薬中止後に生理がなかなか来なかったり、来ても1~2日くらいだった場合は、一回見送ってから治療スタートになるそうです。
運良くきちんと生理が来たので即予約を入れました。

治療計画と診察

一周したから何となく勝手は分かっているつもりだったし、細かい説明もないだろうと思っていましたが、スタート日はできれば夫婦で来るように言われたので嘉太郎同伴です。
まずはナースさんから治療計画の説明。

前回は服薬のみで卵胞がきちんと育ったので、身体の負担のことも考えて前回と同じ服薬のみ。
受精方法は嘉太郎の精子の数から、今回は顕微授精一択。
胚培養は胚盤胞まで育つのはそもそも4割程度なので、余った受精卵はどのタイミングで凍結するかは採卵後に考える。
移植をするときも、もし子宮の状態が万全でない場合は身体作りをして次の周で移植。

と、前回では聞けなかった(もしかしたら聞いていたかもしれないけど入ってこなかった)情報が沢山ありました。

その後先生の診察と内診。
特に卵巣・子宮にも問題がなかったのでそのまま血液検査へ。

体重・血圧測定と血液検査

受診といえば血液検査の印象ばかり強かったのですが、治療スタート時には体重と血圧も測定していました。
体重は前回より2キロくらい増えていた気がします。
きっと寒くなって厚着になった服の重さな気がします。

血圧は前回より結構下がっていました。
もともと血圧が低めだったヴァイ子ですが、実はここ1~2年で血圧高い組(というかちょっと注意されるレベル)になっていたんですよね。
血圧の高い家系なのでいつかは自分もそうなるだろうと思っていましたが、いざなってみるとショックです。
1ヶ月ほど毎朝コップ半分の無塩トマトジュースを飲み続けていますが、そのお陰でしょうかね。
今回の数値は至適血圧どんぴしゃでした。調子に乗って今後も続けていきます。


カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品] パック

アマゾンでは定期おトク便で少し安く買えるそうです。
合う合わないは人それぞれですが、血圧の高めな方は是非試してみてください♪

血液検査の結果と注射

血液検査の結果は問題なく、治療スタートすることになりました。
ヴァイ子の怯えていた卵胞育成お尻注射は今回も打たれました。
これまでの痛い記憶が強すぎたせいか、はたまたナースさんの打ち方が上手だったためか、もしくはヴァイ子が鈍感になったのか、今回はあまり痛く感じませんでした。
少しずつ痛みに慣れてきたのでしょうか。
この勢いで次回の注射と採卵も乗り切りってしまいたいものです。採卵が一番怖い。もはや判定より怖い。

今回も夕食後のクロミッドを1錠ずつ、5日分処方され終了。
お会計はヴァイ子2,210円、嘉太郎390円でした。

2周めスタートの感想

当たり前ですが、1周めに比べるとだいぶ気楽に治療が始まった印象です。
注射やお会計で毎回毎回ドキドキしませんしね。
それに、1周めからかなり健康を意識するようになったので、以前より身体は老けていますが健康になっている自信があります。
あと、つらいつらい生理二日目も、治療がスタートできると思うと逆に気分が上がりますね。
これから頑張るぞ!と気合いが入ります。
つらいはずの日に元気になれるなんて儲けもんです。

2周めはリラックスしながら脳天気に治療に励んでいきます。